DMGP6th

 住んでいる地域に知り合いのプレイヤーがいないため、DMVaultの大会ログおよびCS結果にて環境を把握していた。

 [双極篇第1弾 豪快!!ジョラゴンGoFight!!]発売時点ではスタートデッキにて《ガンバトラーG7》を手に入れた【ジョーカーズ】の勢いがすさまじく、GP6thにおいても環境の中心であることは間違いないであろうと考えていた。

 

使用デッキについてはふわふわとしか考えていなかったが、

ジョーカーズの初動《ヤッタレマン》を弾ける点

・受けのカードを8枚積める点(ジョーカーズ、剣のぶっぱを咎められる)

・《機術士ディール/「本日のラッキーナンバー!」 》により呪文受けを抜ける点

上記から、【墓地ソース】が内定。

 

 しかし、そこから2週間の間に、【アナカラーシャコガイル】の台頭、【墓地ソース】の上位入賞、【ジョラゴン型ジョーカーズ】の台頭が見られた。

 《機術士ディール/「本日のラッキーナンバー!」 》搭載といえども受けデッキへの連勝は厳しいこと、そもそも【墓地ソース】のデッキパワーは高いとは言えず意識されてしまうと厳しいこと、初動にヤッタレマンを置く必要が薄い【ジョーカーズ】が出てきたこと(この時点では《戦慄のプレリュード》搭載が主流であった。)から、自分の中で【墓地ソース】は怪しいんじゃないかなあとなんとなく考えていた。

 ここで、チームメンバーであるかもくんより【ジョラゴン型ジョーカーズ】を握ってほしい旨の提案があったことから、使用者サイドでの思考を始めた。この時点でGP6日前。

 

・最速3T、平均でも4Tでのワンショットが可能である点

・デッキパワー自体が高い点(GPでは地雷に負け辛いことが評価のポイントとして高い)

・前回、前々回とNEXTのワンショットに屈している点(これは個人的な感情が強いが)

から、【ジョラゴン型ジョーカーズ】の使用を決定。(提案を受けてから2時間後)

中山涼太郎くんに悪態をつきながらもデッキパーツをメルカリにて揃えた。

 

ここから細かい枚数を調整した。参考にしたリストは以下。

 

かもくん提案のリスト

4 x ジョジョジョ・ジョーカーズ
4 x ヤッタレマン
4 x パーリ騎士
4 x ガヨウ神
4 x オッケーBros.
4 x ジョット・ガン・ジョラゴン
4 x ゼロの裏技ニヤリー・ゲット
4 x 戦慄のプレリュード
3 x アイアン・マンハッタン
3 x ジョバート・デ・ルーノ
2 x バイナラドア

 

ZweiLance氏のCS優勝リスト(どこかは忘れた)

4 x ジョジョジョ・ジョーカーズ
4 x ヤッタレマン
4 x パーリ騎士
4 x ガヨウ神
4 x オッケーBros.
4 x ジョット・ガン・ジョラゴン
4 x ゼロの裏技ニヤリー・ゲット
4 x バイナラドア
4 x ジョット・ガン・ジョラゴンJoe
4 x アイアン・マンハッタン

 

チームメンバーであるTwinくんから強く勧められていたこと、自分でも採用カードのパワーは高いほうがよいと考えていたことから、《ジョット・ガン・ジョラゴンJoe》を採用。

また、剣・ジョーカーズ相手は先に走る必要があるため、《戦慄のプレリュード》を採用。

結果、上記の2リストの間の子のようなリストが完成した。

 

GP6th使用 【ジョラゴン型ジョーカーズ】
4 x ジョジョジョ・ジョーカーズ
4 x ヤッタレマン
4 x パーリ騎士
4 x ガヨウ神
4 x オッケーBros.
4 x ジョット・ガン・ジョラゴン
4 x ゼロの裏技ニヤリー・ゲット
3 x バイナラドア
3 x 戦慄のプレリュード
3 x ジョット・ガン・ジョラゴンJoe
3 x アイアン・マンハッタン

 

当日の戦績は以下。

 

予選

Round1 墓地退化 W チーム3-0

Round2 ドロマーロージア L チーム2-1

Round3 メタリカサザン W チーム3-0

Round4 アナカラーシャコガイル W チーム2-1

Round5 赤緑白モルト覇剣 W チーム2-1

Round6 ドロマーロージア W チーム3-0

Round7 青緑デュエランド L チーム2-1

Round8 赤青白剣 L チーム2-1

個人5-3、チーム8-0の2位上がり。(チーム戦績は怪しいので指摘あったらください)

 

決勝T

Round1 5Cランデス L チーム1-2

決勝T1落ち、Top64にて敗退。

 

個人で見れば普通に予選落ちであるため、デッキを決めてもらい、また当日も9-0でチームを牽引してくれたかもくんには申し訳ない結果となった。

 

個人的な所感。

DMGPで初めての(実質)マネーフィニッシュを経験できたこと、カードゲームで勝てていたころのモットーであった「強いデッキを強く使う」に立ち返ることができたことから、非常に実りの多い大会であったと思う。

自分のような無名プレイヤーをマネーフィニッシュまで持ち上げてくれたチームメンバーの二人、調整メンバーのなんなんひろばの面々にはこの機会にて感謝の意を表したい。

 

まあ一番感謝してるのは中山涼太郎くんなんですけどね。

7万ほんまありがとう。